2007年01月23日

アイフル 人員削減を発表

2000人削減 リストラ策
 消費者金融大手のアイフル(本社・京都市)は20日、グループ全体で2713ある店舗を半分以下の1193店に削減し、このうち有人店舗は現在の4分の1近い213にすると発表した。これに伴い、2〜3月に約400人の希望退職者を募る。自主退職も含めると、正社員だけで最大1000人規模、契約社員らを含むと同2000人規模の人員削減となる可能性もある。昨年12月の改正貸金業規制法の成立で経営環境が悪化していることから、業界で最大規模のリストラに踏み切る。

 アイフル本体では、9月末をめどに有人店舗を463から100に、無人店舗を1440から900に減らし、計1000店体制とする。

 グループでは「トライト」(京都市)や「ワイド」(東京)など消費者金融子会社4社の全営業店(449店)を2008年3月までに閉鎖し、事業をアイフルに統合する。信販子会社のライフ(東京)も支店を69から11に縮小する。

 昨年12月末時点のグループの正社員数は約7000人。400人の希望退職者募集のほか、店舗の削減に伴い、さらに最大600人の退職者が出る可能性があると見込む。契約社員や派遣社員も計900人程度削減する。

(2007年1月21日 読売新聞)
posted by スペシャリスト at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | キャッシング関連ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。